自転車の梶原金、初の五輪代表に 世界選手権の女子オムニアム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 女子オムニアムで優勝を決め、日の丸を手に歓声に応える梶原悠未。東京五輪代表を確実にした=ベルリン(共同)

 【ベルリン共同】自転車トラック種目の世界選手権第3日は28日、ベルリンで行われ、1日で4種目を行う女子オムニアムで梶原悠未(筑波大)が金メダルに輝き、日本の五輪出場枠1を獲得、自身の代表初選出も確実とした。世界選手権のオムニアムで日本人が表彰台に立つのは初めて。

 梶原は最初の種目スクラッチで1着、続くテンポレースは2着、第3種目のエリミネーションでは3着に食い込んだ。最終種目のポイントレースをポイントトップで迎え、そのまま逃げ切った。

 梶原は埼玉県出身の22歳。ワールドカップ(W杯)で今季2勝、通算4勝を挙げていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事