ドラフト1位・石川昂が卒業式に 中日、新型肺炎で保護者出席せず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東邦高の卒業証書を手にポーズをとる中日の石川昂弥内野手=29日、名古屋市

 中日のドラフト1位ルーキー石川昂弥内野手が29日、名古屋市名東区の東邦高で卒業式に出席し「3年間毎日楽しかった。選抜優勝できたのが一番の思い出」と高校生活を振り返った。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、保護者は出席せずに式を行った。

 昨春の選抜高校野球大会では背番号1を背負って投手を務め、1989年以来30年ぶりの優勝に貢献。「キャプテンをやって人として成長させてもらった」と感謝した。

 キャンプでは初日から柵越えを連発したが、左肩を痛めて17日から別メニュー調整が続く。待ち望んだプロの世界で「中日の不動の4番になること」と大きな目標を掲げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事