小池知事、東京五輪中止強く否定 国や組織委、IOCと緊密に連携
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 安倍首相に面会後、記者団の取材に応じる東京都の小池百合子知事=12日午後、首相官邸

 東京都の小池百合子知事は12日、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染症を「パンデミック(世界的大流行)」としたことを受け、東京五輪・パラリンピック開催を巡る議論に「影響はあると思う」と懸念を示す一方、「中止はまずあり得ない」と強調した。

 都庁で報道陣の取材に答えた。今後の対応については国や大会組織委員会、国際オリンピック委員会(IOC)とより緊密に連携すると説明。延期開催の可能性に言及した組織委理事の発言に対しては「都はしっかり準備を重ねてきた。IOCが全体を見て(判断する)ということになるかと思う」と述べるにとどめた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事