J1浦和、ビデオ通話で取材応対 大槻監督「困難乗り切る」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ビデオ通話で取材に応じるJ1浦和の大槻監督=14日、さいたま市

 J1浦和の大槻毅監督が14日、新型コロナウイルスの影響でリーグが中断して以降、初めて取材に応じた。練習後にパソコンを通じたビデオ通話で報道陣の前に登場し「安全、健康、平和なところで初めてスポーツは輝ける。困難を乗り切った先に元気な姿を見せられたら」と心境を語った。

 この日は雪が降り、チームは室内練習で汗を流した。リーグは4月3日の再開を目指しており、監督は「選手と力を合わせて一丸となってやっていく」考えだ。

 感染防止のため取材対応自粛のクラブも多いが、浦和はビデオ通話の“囲み取材”を定期的に行い、公式インスタグラムで練習試合を生配信するなど工夫を続ける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事