石川雅規が神宮球場で投球練習 ヤクルト開幕投手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤクルトの開幕投手を務める石川雅規投手が2日、神宮球場で、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために報道陣に非公開で練習を行い、中村悠平捕手を相手に48球を投げた。球団広報を通じ「神宮球場を練習で広く使用できるのも珍しいので、メインのマウンドを使った」と話した。

 40歳で迎える今季、3年ぶり9度目の開幕投手に指名された。プロ野球史上5人目の40歳代での大役となるが、登板日が決まらない。「僕たちもだが、ファンの皆さんも健康でないと野球ができないということを痛感している。早く僕たちが全力でプレーできてたくさんの方が楽しむ日が来るようにと思っている」と願った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事