全柔連、専務理事ら感染12人 新型コロナ、新たに4人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 全日本柔道連盟の事務局が入る東京都文京区の講道館。奥は講道館柔道の創始者、嘉納治五郎像=9日

 全日本柔道連盟(全柔連)は12日、中里壮也専務理事(62)と男性2人、女性1人の職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。中里氏は5日に発熱の症状が出て、8日にPCR検査を受診していた。全柔連では東京都文京区の講道館にある事務局で勤務する職員に感染が続出している。12日に判明した感染者は役員を含め4人で、計12人となった。

 全柔連は3月30日から事務局を原則的に閉鎖するなどの対策を講じたが、31日に事務局で会議を開催。中里氏は出席していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事