米NBAが選手報酬を減額 コロナの影響で公式戦中断
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 NBA・ロケッツを相手に行われたウィザーズの本拠地開幕戦=2019年10月30日、ワシントン

 【ニューヨーク共同】新型コロナウイルスの影響で公式戦が中断している米プロバスケットボールNBAの選手の報酬が、5月15日支給分から25%減額されると17日、AP通信が報じた。リーグ側と選手会が合意したという。

 NBAはジャズの選手の感染が判明したため3月12日から公式戦が中断し、今後の方針を明らかにしていない。当初は今月15日に終了するはずだったレギュラーシーズンの259試合が消化できておらず、このまま全て中止になれば選手全員の総額で約8億ドル(約864億円)が報酬から減額される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事