ワクチンないと五輪開催は難しい 日医会長、新型コロナで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本医師会の横倉義武会長

 日本医師会の横倉義武会長は28日、日本外国特派員協会(東京)で記者会見し、新型コロナウイルス感染症の拡大で1年延期された東京五輪について「私の意見としては、有効なワクチンが開発されないと、開催するのは難しいのではないか。できるだけ治療薬やワクチンの開発を急いでいただきたい」と述べた。

 続いて、日医としての見解を問われた横倉氏は「その時点での、世界的な感染の状況が大きなキーポイントになる。日本だけ良くなっても、(外国で)感染が拡大している状況では難しいだろう」と答えた。

 政府の緊急事態宣言については「一斉に解除はできないと思っている」とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事