試合に飢えるオリックスT―岡田 通算200本塁打にも意欲
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 打撃練習をするオリックスのT―岡田=京セラドーム(球団提供)

 オリックスのT―岡田外野手は18日、京セラドーム大阪での練習後にオンライン取材に応じ、試合に飢えるプロ意識を口にした。「試合をやってなんぼの職業。元気になってくれる人が1人でもいたら、それがやりがいになる」と語った。

 2010年の本塁打王もけがや不振に悩み、昨季は出場20試合で打率1割2分、1本塁打、2打点に終わった。オフは若手とともにプエルトリコのウインターリーグで異例の武者修行を行い、キャンプ、オープン戦と復活の兆しを見せていた。

 あと30本で通算200本塁打に到達する。今季は試合数が大きく減るが「1本でも多く打ちたい気持ちはある」と闘志を燃やした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事