長崎高野連、7月に代替大会開催 夏の甲子園中止で、千葉も検討
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今夏の全国高校野球選手権大会と出場権を懸けた地方大会の中止が決まったことを受け、長崎県高野連は22日、運営委員会で代替大会を7月に開催することを決め、発表した。

 長崎県高野連によると、全国選手権の出場校を決めるために予定していた大会と同時期の開催となる見通し。感染防止対策や観客の有無、選手の移動方法などについては今後検討していくという。西田哲也会長は「開催の課題のクリアに向けて全力で話し合いを重ねていきたい」と話した。

 千葉県高野連も臨時理事会で、独自の大会を8月に開催する方向で準備を進めることを決めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事