オリックス、小技駆使の打撃練習 田口壮コーチが実戦的アドバイス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 打撃練習でバントをするオリックス・太田=京セラドーム

 オリックスは29日に京セラドーム大阪で、小技を駆使して得点につなげる打撃練習を重点的に行った。西村徳文監督は「そこで取らないと流れが変わってしまうということが去年もよくあった」と説明。無死二塁などの場面を想定し、バントやゴロで走者を進める動きを繰り返した。

 走者役の田口壮野手総合兼打撃コーチが「2ストライクまでは強く打ちにいけ。追い込まれたら何としても進めろ」「外の高めは外野フライ、変化球は引っかけてセカンドゴロでいい。そうすれば幅が広がる」と実戦的なアドバイスを送り、状況への対応を促した。

 太田椋内野手は「1球で決められるように」と重要性を再認識。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事