阪神の藤浪、練習遅刻で2軍降格 矢野監督「信頼失う」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 阪神の藤浪晋太郎投手が29日、2軍に降格となった。28日の練習に遅刻したことが理由で、矢野燿大監督は「全体の信頼を失うようなこと。みんなが同じ気持ちでやっている中で、一緒にやるというのは難しいという判断」と苦言を呈した。

 藤浪は新型コロナ感染で入院し、回復後の4月24日に鳴尾浜球場で自主練習を再開。今月19日から甲子園球場での練習に合流し、24日のシート打撃では打者5人を相手に4三振を奪うなど好投したが、自覚のない行動で開幕へ向かうチームのムードに水を差すことになった。

 矢野監督は「本人も反省はしているが、これが初めてではない」と猛省を促した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事