バレー柳田、五輪へ「弾み」期す 古巣復帰の日本代表主将
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Vリーグ1部のサントリーのインスタグラムのライブ配信で抱負を語るバレーボール男子日本代表主将の柳田将洋=2日

 バレーボール男子日本代表主将で欧州挑戦からVリーグ1部のサントリーに復帰した柳田将洋が2日、インスタグラムのライブ配信で抱負を語った。東京五輪の1年延期を踏まえ「このシーズンは非常に重要なシーズンになる。いい結果を残すことで弾みがつくと思っている」と意気込んだ。

 27歳のアタッカーは強力なサーブも誇る。ポーランドでも経験を積み、3月までドイツ1部リーグのチームでプレーしていたが、新型コロナウイルスの影響でリーグが中断し、帰国。「3年間海外を経験し、日本のリーグに挑戦したい気持ちが強くなった。いい結果を残していきたい」と心境を述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事