1年前イベント見送りへ 組織委、ポスター作製検討
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 来夏に予定される東京五輪を巡り、大会組織委員会と東京都が開幕1年前の大規模イベントを見送る方向で調整に入ったことが4日、分かった。世界的に新型コロナウイルス感染の収束が見通せない中、五輪に向けた華々しい式典を7月に開くのは情勢にそぐわないと判断した。

 簡素化の一環で代わりにポスターを作製し、選手らへの激励や連帯のメッセージを発信することを検討している。大会関係者が明らかにした。

 ポスターは、新聞などのメディアを通じても発信し、苦難と闘うアスリートへのメッセージなどが盛り込まれる見通し。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事