ジョコ、テニスの全米出場に慎重 コロナ対策「厳しすぎ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ノバク・ジョコビッチ

 【ニューヨーク共同】男子テニスで世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、新型コロナウイルス対策の規制が「極端に厳しい」との理由で、8月31日に開幕予定の四大大会、全米オープン出場に慎重な姿勢を示した。セルビアのテレビ局への発言としてロイター通信が6日、報じた。

 ジョコビッチは大会中に義務づけられる移動や同伴スタッフに対する制限やウイルス検査の態勢に難色を示した。「経済的理由で大会を実施したいのは理解できるが、どれだけの選手が規則を受け入れるかは疑問だ」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事