カーリング、軽井沢クと北見優勝 軽井沢国際選手権
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 男子決勝 韓国戦の第2エンド、ショットを放つSC軽井沢クの両角友。左は両角公、右は山口=軽井沢アイスパーク
 男子決勝 韓国戦の第2エンド、ショットを放つSC軽井沢クの両角友。左は両角公、右は山口=軽井沢アイスパーク 女子準決勝 スイス戦の第2エンド、スイープするLS北見の吉田夕(左)と吉田知。奥は鈴木=軽井沢アイスパーク

 カーリングのワールドツアー、軽井沢国際選手権最終日は17日、長野県軽井沢町の軽井沢アイスパークで行われ、男子はSC軽井沢ク、女子はLS北見と、平昌冬季五輪日本代表が制した。

 SC軽井沢クは準決勝でスウェーデンのチームを7―1で下し、決勝では韓国の五輪代表チームに5―4で競り勝った。3度目の大会制覇で、2014年のワールドツアー認定後では初優勝。

 LS北見は準決勝でスイスの五輪代表チームを6―5で破り、決勝では9月に五輪代表決定戦で当たった中部電力に10―3で快勝した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事