陸上、ライルズまさかの距離不足 男子200m、DLエキシビ大会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 男子200メートルに出場したノア・ライルズ=米フロリダ州ブラデントン(ゲッティ=共同)

 陸上のダイヤモンドリーグ(DL)は9日、スイスのチューリヒでエキシビション大会が行われ、欧米各地を中継で結ぶ“リモート対決”で3人が争った男子200メートルでは距離不足のハプニングがあった。

 米フロリダ州から参戦した昨秋の世界選手権覇者ノア・ライルズ(米国)は3・7メートルの向かい風を受けながら、タイムは世界記録より0秒29も速い18秒90。だがレーンを間違えており、走ったのは185メートルほどだったことが判明し頭を抱えた。

 女子150メートルでは34歳のアリソン・フェリックス(米国)が16秒81で1位。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事