恒例「鷹の祭典」黄と青のユニで ソフトB、医療従事者へ寄贈
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 恒例イベント「鷹の祭典」の特別ユニホームを着てポーズをとるソフトバンク・今宮=11日、ペイペイドーム

 ソフトバンクは11日、恒例イベント「鷹の祭典」を開催する9月の8試合で着用する特別ユニホームを発表した。鮮やかな黄色をベースに、袖や帽子は、新型コロナウイルス感染拡大と闘う医療従事者への感謝を込めて青色を使用した。

 また、福岡県内の医療従事者へ約17万着のレプリカユニホームを贈呈する。記者会見でモデルを務めた今宮健太選手は「今年は特別な鷹の祭典になるので何か社会貢献につながる活動ができないか、と選手会から球団に相談をした」と経緯を説明した。

 来場者にレプリカユニホームを配布する。全てペイペイドームで、開催日は9月12、13、18~20、22~24日。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事