卓球水谷「さらに延期でもやる」 32歳で迎える五輪へ意欲
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 オンラインで取材に応じる卓球男子の水谷隼=13日

 卓球男子で東京五輪代表の水谷隼(木下グループ)が13日、オンラインで取材に応じ、新型コロナの影響で1年延期となり32歳で迎える4度目の五輪に向け「自分のパフォーマンスが落ちるとは思っていないし、モチベーションは高い。たとえ(さらに)もう1年延期になったとしてもやっていきたい」と意欲を見せた。水谷は東京五輪を最後に国際大会から引退するとしている。

 緊急事態宣言下では練習がほとんど行えず、主に休養に充てたという。現在は所属先で少人数での練習に取り組む。ダブルスの練習は行っておらず「食堂が使えないなど、まだまだ新型コロナウイルスの影響は出ている」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事