レッズ秋山はオープン戦初本塁打 田中、負傷後初の打者相手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 対戦形式の練習で投球するヤンキース・田中=ニューヨーク(球団提供・共同)
 対戦形式の練習で投球するヤンキース・田中=ニューヨーク(球団提供・共同) タイガース戦で3ランを放つレッズ・秋山=シンシナティ(共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグは21日、各地でオープン戦が行われ、レッズの秋山は本拠地シンシナティでのタイガース戦に「1番・左翼」で出場し、3打席目にオープン戦初本塁打となる同点3ランを中越えに放つなど、4打数1安打3打点だった。変則で行われた九回裏には右前打を放った。試合は9―7で勝った。

 エンゼルスの大谷は敵地でのドジャース戦に「3番・指名打者」で出場し、3打数無安打、2三振だった。レイズの筒香は紅白戦に「2番・三塁」で臨み、1打数無安打、2四球だった。

 ヤンキースの田中は打球を頭部に受けてから初の対戦形式の練習に臨み、打者5人に20球を投げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事