大リーグ、大谷が最終戦で1安打 山口無失点も降雨ノーゲーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 レッドソックス戦に2番手で登板したブルージェイズ・山口=ボストン(AP=共同)
 レッドソックス戦に2番手で登板したブルージェイズ・山口=ボストン(AP=共同) パドレス戦の3回、左前打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは22日、各地で開幕前最後のオープン戦が行われ、エンゼルスの大谷が本拠地アナハイムでのパドレス戦に「3番・指名打者」で先発出場し、2打数1安打、1三振だった。三回に安打を放った後に代走を送られた。チームは4―5で敗れた。

 大谷は試合前にブルペンで37球を投げた。

 ブルージェイズの山口はレッドソックス戦で2番手として登板した2―0の四回を無失点としたが、五回表終了で降雨ノーゲームとなった。

 レッズの秋山はタイガース戦に出場せず、レイズの筒香は紅白戦に「3番・三塁」で出場し、2打数無安打、1三振だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事