プロ野球、開催判断の手順再検討 選手感染で試合中止、臨時実行委
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プロ野球12球団と日本野球機構(NPB)は7日、ソフトバンク選手の新型コロナウイルス感染が判明した影響で公式戦1試合が中止となったことを受けて臨時実行委員会を開き、試合開催の可否を判断する手順の見直しを検討した。NPB事務局が作成したたたき台を基に、11日の実行委で再び議論する。

 ソフトバンクでは1日に2軍調整中だった長谷川勇也外野手の感染が判明。2軍施設利用者を介して感染が広がった可能性を否定できず、保健所による濃厚接触者の特定も同日中に終わらなかったため、2日の1軍の西武戦が中止となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事