全日本柔道、ほぼ国際ルールで 有効は存続、来年4月
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 体重無差別で柔道日本一を争う全日本選手権(来年4月29日)の実行委員会が22日までに開かれ、「合わせ技一本」を復活させるなどした国際柔道連盟(IJF)の新ルールにのっとって大会を実施することを決めた。ただしIJFルールで廃止された「有効」は存続させる。

 全日本選手権は日本独自のルールで行われてきたが、今年の大会ではIJFルールを一部採用し、旗判定廃止などで時間無制限の延長戦を導入。来年からは試合時間を5分から4分に短縮し、指導による決着をなくすなど、IJFルールにほぼ沿った形となる。

 全日本女子選手権(来年4月22日)も同じ試合方式を適用する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事