全米プロ、松山英樹-4の22位 70と伸ばせず、米のモリカワV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 最終ラウンド、通算4アンダーで終わった松山英樹=TPCハーディングパーク(共同)
 最終ラウンド、通算4アンダーで終わった松山英樹=TPCハーディングパーク(共同) メジャー初優勝を果たし、笑顔でトロフィーを掲げるコリン・モリカワ=TPCハーディングパーク(共同)

 【サンフランシスコ共同】男子ゴルフのメジャー初戦、全米プロ選手権は9日、サンフランシスコのTPCハーディングパーク(パー70)で最終ラウンドが行われ、18位で出た松山英樹は4バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの70と伸ばせず、通算4アンダーの276で22位だった。

 23歳のコリン・モリカワ(米国)が4位からボギーなしで64をマークし、通算13アンダーでメジャー初優勝を果たした。米ツアーでは通算3勝目。

 大会3連覇を狙ったブルックス・ケプカ(米国)は74と崩れ通算3アンダーの29位に終わった。タイガー・ウッズ(米国)は1アンダーの37位。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事