陸上、ケンブリッジは10秒13 200メートルは棄権
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 男子100メートルで力走するケンブリッジ飛鳥。10秒13をマークした=富士北麓公園陸上競技場

 陸上の富士北麓ワールドトライアルは6日、山梨県の富士北麓公園陸上競技場で行われ、男子の100メートルでケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は追い風0・6メートルの条件下、10秒13をマークした。200メートルは左膝内側の張りで大事を取り棄権。小池祐貴(住友電工)は100メートルで10秒33、200メートルで20秒76だった。

 飯塚翔太(ミズノ)は100メートルを2本走り、10秒34と10秒25。走り幅跳びの津波響樹(大塚製薬)は7メートル88を跳んだ。女子100メートル日本記録保持者の福島千里(セイコー)は1本目が12秒31、2本目も12秒27にとどまった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事