阪神の感染者計7人、試合は開催 新たに糸原、岩貞ら4選手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 兵庫県西宮市の甲子園球場=25日午後

 プロ野球阪神は25日、糸原健斗(27)、陽川尚将(29)両内野手と岩貞祐太(29)、馬場皐輔(25)両投手と1軍チームスタッフ2人を合わせた6人の新型コロナウイルス感染が新たに確認されたと発表した。2軍の浜地真澄投手(22)の感染が判明し、1軍関係者全員のPCR検査を実施、陽性者は計7人になった。濃厚接触者などとされた選手を含めた計10選手は出場選手登録を外れ、神宮球場でのヤクルト戦は開催された。

 新たに陽性判定を受けた4選手に発熱や倦怠感などの症状はなく、自室隔離中。スタッフの1人は「胃腸風邪」と診断されて自宅療養していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事