初場所の観客上限は5300人 コンビニなどで販売を再開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本相撲協会は26日、東京都墨田区の両国国技館で理事会を開き、大相撲初場所(来年1月10日初日・両国国技館)の観客数上限を約5300人で開催すると発表した。定員の1万1千人弱の半分ほどに当たる。11月場所は約5千人だった。芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると、土俵近くのたまり席分を増やした。

 入場券の販売は協会公式販売サイトに加え、コンビニなどでの取り扱いも再開する。先場所までは公式サイト上に限られていた。新型コロナウイルス感染者が判明した場合に備え、コンビニなどでの購入者は入場券の裏面に氏名、電話番号の記入が必要で、追跡のため入場時に回収される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事