東京五輪、追加経費は2千億円 組織委試算、分担協議へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 国立競技場(奥)と五輪マークのモニュメント=6月

 新型コロナウイルス感染拡大で東京五輪・パラリンピックが来夏に延期されたことに伴う追加経費について、大会組織委員会が約2千億円と試算していることが29日、複数の大会関係者への取材で分かった。組織委、東京都、政府は追加経費と、別途試算する大会での新型コロナ対策費について協議の上、12月に負担の割合を決める方針だ。

 追加経費では、会場の再確保に関わる費用や、設備のレンタルやリース、保管の費用、職員の人件費などが見込まれている。

 3月の延期決定直後の段階では、関係者の間で追加経費は3千億円程度との観測が出ていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事