大関貴景勝、ぶつかりなどで調整 綱とり「一生懸命やるしかない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 すり足をする貴景勝=東京都台東区の常盤山部屋(代表撮影)

 大相撲初場所(来年1月10日初日・両国国技館)で初の綱とりに挑む大関貴景勝は10日、東京都台東区の常盤山部屋で四股やすり足、ぶつかり稽古などで調整した。報道陣の代表取材に「ここからどんどん実戦に向けてできたらなと思う」と意欲的に語った。

 3場所連続休場中の横綱白鵬が9日に「強い壁があって、越えて上がるべきだ」と対戦を楽しみにする発言をした。これを受けて貴景勝は「変わらずにとにかく一生懸命やるしかない。横綱とやる前に負けていたら話にならない。自分ができるのは力を出し切ることだけ」と気を引き締めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事