長谷部誠、遠藤航らフル出場 サッカー、ドイツ1部
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 レーバークーゼン戦の前半、攻め込むEフランクフルトの鎌田=フランクフルト(共同)
 レーバークーゼン戦の前半、攻め込むEフランクフルトの鎌田=フランクフルト(共同) レーバークーゼン戦の前半、競り合うEフランクフルトの長谷部(右)=フランクフルト(共同)
 レーバークーゼン戦の前半、攻め込むEフランクフルトの鎌田=フランクフルト(共同) レーバークーゼン戦の前半、競り合うEフランクフルトの長谷部(右)=フランクフルト(共同) ライプチヒ戦の前半、競り合うシュツットガルトの遠藤航(左)=シュツットガルト(共同)

 【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグで2日、長谷部誠と鎌田大地のアイントラハト・フランクフルトはホームでレーバークーゼンを2―1で破った。長谷部はフル出場し、鎌田は後半31分までプレー。1―1の後半9分に鎌田のクロスが相手のオウンゴールを誘い、これが決勝点となった。

 シュツットガルトの遠藤航は0―1で敗れたホームのライプチヒ戦、ビーレフェルトの堂安律は0―1で敗れたホームでのボルシアMG戦に、それぞれフル出場した。

 大迫勇也のブレーメンはホームで遠藤渓太のウニオン・ベルリンに0―2で敗れた。大迫は前半のみで退き、遠藤渓は出番がなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事