ソフトB和田毅40歳で2桁誓う ピラティス導入で体幹強化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 自主トレでキャッチボールするソフトバンク・和田=長崎市内(代表撮影)

 ソフトバンクの和田毅投手が14日、長崎市内で自主トレーニングを公開し、最多勝に輝いた2016年以来の2桁勝利と規定投球回到達を誓った。昨季は8勝を挙げて復活を印象づけ、新たに2年契約を結んだ。2月に40歳を迎えるベテランは黙々と体を追い込み「来年もあるから大丈夫という気持ちはさらさらない。一年一年が勝負」と言い切った。

 新たに取り入れたピラティスで体幹や股関節を鍛え「年齢を考えても、体の使い方を見つめ直さないといけない。効果は確実に出ている」と手応えを口にした。坂道ダッシュでは若手を引っ張り「中6日でずっと回れるだけの体力も大事」と強化に余念がなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事