広島の会沢捕手「チーム一丸で」 プロ15年目、意気込み語る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 自主トレで打撃練習する広島・会沢=マツダ

 広島の会沢翼捕手が19日、マツダスタジアムで練習を公開した。昨季は途中離脱もあり、出場79試合で打率2割6分6厘、7本塁打、36打点にとどまった。プロ15年目のシーズンへ「昨年よりもいい成績を残すことはずっと思っている。優勝を目指していかないといけないと思うので、チーム一丸となってやっていきたい」と意気込みを語った。

 経験豊富な石原慶が引退し、チーム内で自身が担う役割への責任感は一層増している。周囲を盛り上げながら練習に打ち込んだ32歳のベテランは「みんなでカバーし合いながらやっていけたらいいかなと思う」と口元を引き締めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事