東京五輪、中止より無観客開催を パリ組織委会長、延期は否定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【パリ共同】2024年パリ五輪組織委員会のエスタンゲ会長は20日、今夏の東京五輪・パラリンピック開催に関し、新型コロナウイルスの流行で「全く何もやらない(中止)よりは無観客(開催)の方が良い」と述べた。フランスのメディアが伝えた。

 エスタンゲ氏は、数日前に国際オリンピック委員会(IOC)と意見交換をした印象として「ウイルスの流行状況に応じて五輪を開催する方策について、無観客とすることも含め、あらゆることが考えられているようだ。開催維持の意思はとても強い」と発言した。

 パリ五輪を28年に延期する可能性は「想定していない」と否定した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事