葛西「目標は金メダル」 8度目の五輪へ抱負
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 遠征先で取材に応じるジャンプ男子の平昌冬季五輪代表。左から葛西紀明、小林潤志郎、竹内択、小林陵侑=12日、バートミッテルンドルフ(共同)

 【バートミッテルンドルフ(オーストリア)共同】ノルディックスキーのジャンプ男子で平昌冬季五輪代表に選ばれた4選手が12日、遠征先のオーストリア・バートミッテルンドルフで取材に応じ、冬季五輪史上単独最多8度目の出場となる45歳の葛西紀明(土屋ホーム)は「目標は金メダル。今の状態だと取れないので、もう少し調子を上げないと」と話した。

 今季のワールドカップ(W杯)個人戦は10位が最高で「開幕から焦りはあった。不安もプレッシャーもあったし(代表を)もう少し早く決めてくれたら気楽にできた」と胸中を吐露。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事