五輪、無観客で2兆4千億円損失 関西大の宮本名誉教授が試算
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で東京五輪・パラリンピックが無観客で開催された場合、経済的損失は約2兆4133億円に上るとの試算を22日、関西大の宮本勝浩名誉教授(理論経済学)が発表した。

 東京都オリンピック・パラリンピック準備局が試算した経済効果を基に各種損失を計上。大会参加者や観戦者、家計の消費支出などで約7198億円の損失を見込んだ。また1年間の大会延期に伴って約6408億円、大会後のスポーツ振興などで約1兆527億円の損失が出るとした。

 昨年3月の試算では、五輪が中止の場合、経済的損失は約4兆5151億円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事