ワクチンなしは選手に厳しい状況 東京五輪でフランス委員会が訴え
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【パリ、ジュネーブ共同】フランスのメディアによると、同国オリンピック委員会のマセリア会長は25日の記者会見で、東京五輪に出場する選手らは新型コロナウイルス感染症のワクチン接種なしでは「極めて厳しい」状況に直面すると訴えた。ワクチン未接種の選手は入国後2週間の隔離の上、毎日、朝晩に検査を受ける必要が出てくると警告した。

 世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するライアン氏は同日、五輪開催の是非や必要な対策は国際オリンピック委員会(IOC)や日本が決めると強調した上で「十分にワクチンが供給されていないという現実を直視しなければならない」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事