五輪、IOCがワクチン接種推奨 東京大会出場選手や関係者に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 スイスのローザンヌにある国際オリンピック委員会(IOC)本部(ロイター=共同)

 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は26日、新型コロナウイルスの影響で開催への懐疑論が出ている東京五輪・パラリンピックで、出場選手や関係者に訪日前のワクチン接種を推奨すると明らかにした。義務化はしない。医療従事者や社会的弱者が優先としつつ、接種は「安全な大会に寄与すると同時に日本国民への配慮」とした。

 IOCは五輪に参加する206カ国・地域の接種状況を把握するため、各国内オリンピック委員会(NOC)に2月上旬をめどに報告を求める。NOCとの協議では「既に多くの国の政府が(協力に)前向きな決定を下している」という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事