日本選手にもコロナワクチン推奨 IOC会長、中止論を否定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 IOC理事会に臨むバッハ会長=27日、ローザンヌ(IOC提供・ロイター=共同)

 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は27日、オンライン形式の理事会後に記者会見し、今夏の東京五輪・パラリンピックで日本選手にも新型コロナウイルスのワクチン接種を推奨する考えを示した。ワクチンが広く普及した場合に、訪日前の各国選手や関係者に接種を促す方針を26日に発表していた。義務化はしない。

 バッハ会長は中止や再延期の可能性を改めて否定し「開催されるかではなく、どう開催するかに焦点を当てなければいけない」と訴えた。懐疑論に理解を示しつつ「政府やIOCの責任は先を見据えることだ」と指摘した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事