相撲、北太樹引退「小野川」襲名 元光法の音羽山親方は退職
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本相撲協会は13日、元幕内で東幕下3枚目の北太樹(35)=本名讃岐明義、東京都出身、山響部屋=の現役引退と年寄「小野川」襲名を理事会で承認したと発表した。

 北太樹の小野川襲名に伴い、元幕内大道の小野川親方(35)=本名中西健二、東京都出身、阿武松部屋=が年寄「音羽山」に名跡を変更した。

 元幕内光法の音羽山親方(44)=本名峯山賢一、鹿児島県出身、貴乃花部屋=は相撲協会を同日付で退職した。安治川親方時代の10年に、相撲協会理事選挙で当時所属していた宮城野部屋が属する立浪一門の候補者でなく、貴乃花親方(元横綱)に投票する造反を認めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事