スポーツ大会開けず五輪に影響も コロナで予定変更相次ぐ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 アーティスティックスイミング五輪最終予選の会場となる東京アクアティクスセンター=東京都江東区

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、五輪のテスト大会を兼ねて3月に開催予定だったアーティスティックスイミングの五輪最終予選の5月への延期を発表した。新型コロナの影響で大会が予定通り実施できない例が国内外で相次ぎ、本番への影響が懸念される。

 日本政府は緊急事態宣言の発令に合わせ、スポーツの入国特例措置を中断中。30、31日に台湾、ラオスから選手を招いて実施予定だったパラのパワーリフティングの国際大会は、海外選手の出場が取りやめに。バスケットボールは2月18~22日に日本で集中開催予定だった男子のアジア・カップ予選B組の開催地が、ドーハに変更された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事