五輪無観客は「想定の段階」 森氏の発言に加藤官房長官
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 加藤勝信官房長官は29日の記者会見で、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今夏の無観客開催も選択肢から排除しない考えを示したことに関し「あくまでもシミュレーションの中で、いろいろなケースを想定しているのが今の段階だ」と述べた。

 無観客開催を巡り、森氏が「基本的にはそういうことはないし、したくないが、考えておかなければシミュレーションにならない」と語ったと紹介。「森氏が言われたことに尽きる」と強調した。

 森氏は28日、バッハIOC会長と会談し、2月に橋本五輪相、東京都の小池知事を交えた4者会談開催で一致した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事