J1川崎が沖縄キャンプ開始 テーマは確認と積み上げ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 沖縄県内でキャンプを開始した川崎・鬼木監督(中央)ら=1日((C)KAWASAKI FRONTALE)

 昨季J1王者の川崎が1日、沖縄県内でキャンプを開始し、軽めの練習で約2時間、汗を流した。オンライン取材に応じた鬼木監督は「新しい選手の特長を把握する部分と、確認作業と積み上げをテーマにやっていければ」と話した。

 昨季から導入した4―3―3の布陣を基本に今季は攻守でレベルアップを図る構想だ。指揮官は「昨年からやり始めたことがまだ1年しかたっていない。まだ改善できる部分がある」と意欲的に話した。

 新型コロナウイルス禍による来日後の隔離措置のため、1月25日の始動日に不在だったレアンドロダミアンやジェジエウら外国籍選手もキャンプに参加している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事