元プロ野球投手の高橋里志氏死去 77年に広島で20勝挙げ最多勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 高橋里志=1979年1月撮影

 高橋 里志氏(たかはし・さとし=元プロ野球投手)1月31日、肺がんのため広島市内の病院で死去、72歳。福井県出身。葬儀・告別式は家族のみで行った。

 福井・敦賀工高から社会人の電電北陸を経て68年に南海(現ソフトバンク)に入団。広島に移籍後、77年に20勝を挙げて最多勝に輝いた。日本ハム時代の82年には最優秀防御率のタイトルを獲得、近鉄に在籍した86年までプレーした。通算成績は309試合に登板して61勝61敗4セーブ、防御率4・44。引退後は広島の放送局で解説者を務めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事