森会長「女性入ると時間かかる」 またも問題発言、JOC会議で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本オリンピック委員会の臨時評議員会で発言する東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長=3日

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は3日、日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会に出席し、JOCが女性理事を増やしていく方針を掲げていることに関連して「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」と発言した。

 森氏は自身がかつて会長を務めた日本ラグビー協会で議事進行に時間がかかったと指摘。「(女性理事は)誰か一人が手を挙げて言われると、自分も言わないといけないと思うんでしょうね。みんな発言される」と語った。JOCは女性理事の割合を40%にすることを目標にしているが、約20%にとどまっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事