Bミュンヘン、2度目のV クラブW杯、欧州勢が8連覇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 表彰式で優勝を喜ぶバイエルン・ミュンヘンの選手ら=11日、アルラヤン(AP=共同)

 【ベルリン共同】サッカーのクラブワールドカップ(W杯)は11日、カタールのアルラヤンで決勝が行われ、欧州王者のバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)が1―0で北中米カリブ海代表のティグレス(メキシコ)を下し、7大会ぶり2度目の優勝を果たした。後半14分にDFパバールが決勝点を挙げた。欧州勢の制覇は8大会連続。BミュンヘンのエースFWレバンドフスキが大会最優秀選手に選ばれた。

 3位決定戦はアフリカ代表のアルアハリ(エジプト)が南米王者のパルメイラス(ブラジル)と対戦、90分を終え0―0のまま突入したPK戦を3―2で制した。

 次回大会は今年12月に日本で開催予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事