後任会長の人選に透明性求める スポンサー、早期立て直しも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が辞任する意向を表明し、スポンサー企業からは12日、透明性を確保した後任の選定と、組織委の早期立て直しを求める声が相次いだ。

 アシックスの広田康人社長は12日の決算説明会で、森氏の発言を「男女平等の理念に反することがあってはならない」とし、組織委には「早い時期に体制を固めてほしい」と求めた。後任の会長は「しっかりしたプロセスで選任されるべきだ」と指摘した。

 三井住友フィナンシャルグループも発言を「五輪・パラリンピックの精神に反する。大変残念に思う」とし「今後、開催国として信頼回復に努める必要がある」とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事