トヨタ紡織と三菱電機勝つ バスケ女子Wリーグプレーオフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バスケットボール女子Wリーグのプレーオフは6日、愛知県の豊田市総合体育館で1回戦が行われ、西地区4位のトヨタ紡織は67―44で東地区3位の日立ハイテクに勝ち、西3位の三菱電機は東4位のシャンソン化粧品を73―70で振り切った。

 7日の準々決勝でトヨタ紡織は東2位の富士通、三菱電機は西2位のデンソーと顔を合わせる。

 トヨタ紡織は厳しい守備で主導権を奪い、終始優勢だった。三菱電機はバランスの取れた攻撃でリードを築き、そのまま逃げ切った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事