東京五輪参加は「選手次第」 NBAのコミッショナー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ロサンゼルス共同】米プロバスケットボールNBAのシルバー・コミッショナーが6日、オンラインでの記者会見に応じ、東京五輪へのNBA選手の参加について「選手次第」とした上で「日程通り行われると想定している。この夏、東京で素晴らしい試合が行われることを期待している」と語った。

 NBAは今季、五輪開幕の直前に終了する日程を組んでおり、ウィザーズの八村塁やラプターズの渡辺雄太らが大舞台でプレーするのは可能。

 コミッショナーはまた、来季の開幕を通常通りの10月に想定し「かなり楽観的だ」とした。選手にワクチン接種を義務付けることはしないという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事