東京五輪のマスコット像お披露目 開会前100日、開催へ機運醸成
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京五輪・パラリンピックの公式マスコット像の除幕をした(左から)JOCの山下泰裕会長、東京都の小池百合子知事ら=14日午前、東京都庁(代表撮影)

 今夏の東京五輪の開会式まで100日となった14日、大会組織委員会と東京都は大会マスコット像をお披露目するイベントを都庁で開いた。オンライン中継でつないだ観光名所の高尾山山頂(八王子市)の会場では、五輪マークのモニュメントを設置。いずれも混雑回避のために開催の事前告知はせず、新型コロナウイルス対策を進めながら、開催に向けた機運を醸成したい考えだ。

 大会マスコット「ミライトワ」と「ソメイティ」が並んだ像は横2・6m、縦1・5m。当面の間は一般公開せず、新型コロナの影響で休止している都庁の第1本庁舎2階に用意された大会展示コーナーの再開に合わせて披露される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事