ラミレス監督、日本国籍取得へ ペガサスで活躍
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 DeNAのアレックス・ラミレス監督

 プロ野球DeNAのアレックス・ラミレス監督(43)=元群馬ダイヤモンドペガサス=は22日、今年中に日本国籍取得の手続きが完了する見通しであると明らかにした。外国人選手として初めて通算2000安打を達成するなど日本球界で活躍。「今の立場も、この地に来て学んだことが身になってのこと。日本の野球界全体に、日本人としてもっといろいろな貢献がしたい」と語った。

 ベネズエラ出身で米球界から2001年にヤクルトに入団。強打と明るい性格で人気を集め、巨人、DeNAと渡り歩いた。首位打者に1度、本塁打王に2度、打点王に4度輝き、08年から2年連続で最優秀選手(MVP)に選ばれた。15年に日本人女性と結婚した。

 独立リーグの群馬ダイヤモンドペガサスには14年に入団、打撃コーチ兼任でプレーし、現役引退後はシニア・ディレクターも務めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事